エクオール

エクオールは副作用もなく安全なのか「各社サプリ比較」

近年、急激に注目度を高めているエクオール
ホルモンバランスの乱れからくる更年期女性の諸症状に効果が期待できると、エクオールサプリも人気を集めています。

 

 

ですが、気になるのはその副作用
効果があるものには当然、副作用がつきものです。

 

こちらでは、

  • エクオールの副作用について
  • エクオールの効果
  • 安全なサプリメントの選び方
  • 各社エクオールサプリ比較表
  • エクオールの気になる点

など、副作用についても含め、エクオールについて比較検証しながら詳しく解説していきます。

 

エクオールの副作用

エクオールに限らずサプリメントについてよく、
サプリメントは健康食品(食品)だから副作用の心配はない。」
などと言われているところもありますが。
サプリメントも医薬品と同様に、副作用が無いとは言い切れません
医薬品と比較するとその効果が比較的穏やかなために、比較的に副作用のリスクが低いということは言えそうですが、ゼロではありません

 

 

一人ひとり体質が違うわけですから、全員にそのサプリメントが合うということは考えにくいのです。

 

実際に私は、エクオールではありませんが、サプリで副作用らしき症状が出た経験も…。
美白サプリを飲んで月経異常が起きてしまったり、酵素サプリを飲んで下痢になってしまったり…という経験があります。
きちんと用法・用量は守って内服していてもです。

 

 

エクオールは特に女性ホルモンに作用する成分ですから、安全なサプリメント選びと、安全な飲み方を知った上で摂取する必要があります。
ここからはエクオールによって副作用が起こってしまうケースを挙げて説明していきます。

 

イソフラボン

一番注意すべき点は、大豆イソフラボンの過剰摂取による副作用です。

 

 

更年期などホルモンバランスの乱れによる諸症状に悩む女性は、大豆イソフラボンの摂取が良いと言われているため大豆製品を積極的に食べている方が多いですね。
但し、食品安全委員会では大豆イソフラボンの安全な一日上乗せ摂取量の上限値を30mg(大豆イソフラボンアグリコン換算)としています。

 


参考:食品安全委員会HP資料

 

一般的な食事+エクオールサプリを摂取している分には問題にならない量ですが、例えば豆乳を沢山飲んだり、納豆を1日に2パック以上、毎日食べたりなど、故意に大豆製品を多く摂り過ぎると、エクオールサプリと合わせると過剰摂取になり、副作用が出る可能性もゼロではありません。
生理不順経血の増加子宮内膜症のリスクを高めるなど副作用の懸念があります。

 

 

但し、上記のイソフラボン摂取上限値はあくまで平均値なので、仮にそれを越して摂取した日があっても、次の日に摂取量が少なければ問題ありません。
日本人のイソフラボン摂取量は昔と比較すると、食の欧米化により少なくなっていますので、過剰に副作用を心配する必要は無さそうです。

 


お豆腐半丁+お味噌汁+豆乳1カップ程度なら全くの許容範囲内。
エクオールを摂取する場合は過剰に大豆製品ばかり摂取するのは控えましょう。
また豆乳の飲みすぎは身体を冷やすのでほどほどに。

 

食物アレルギー

エクオールサプリの多くは原材料に大豆やその他の食品を原料としています。
ですので食品アレルギーのある方は、エクオールサプリを服用する場合、副作用に注意が必要です。

 


原材料をよく確認して、該当する食品アレルギーのある方は摂取を避けましょう。

 

各サプリメントに依るもの

エクオールサプリの中には、エクオール以外の成分も同時配合しているものが多くあります。
ですのでその成分が副作用の引き金になることもあります。
例を挙げると小林製薬のエクオールに配合されているブラックコホシュ

 

 

ブラックコホシュは女性ホルモンに強く反応する可能性が懸念されています。
副作用の研究が充分になされておらず、乳がんの女性、過去に乳がんの疾患歴がある女性、乳がんリスクが高い女性はブラックコホシュを避けるべきと言われています。

 

他にも胃が弱い方はそうでない方と比較してもサプリメントで胃を荒らしてしまう例もありますし、稀に下痢やめまい等の副作用が出るケースもあります。

 


購入前に、サプリメントの原材料及び注意書きをよく確認することが大切です。不安な点が少しでもある場合は、メーカーのサポート担当に副作用について問合わせてみましょう。

 

摂取量

先述の通り、大豆イソフラボンの安全な一日上乗せ摂取量の上限値は30mg(大豆イソフラボンアグリコン換算)とされています。
ですのでエクオールサプリでそれを越えた量を摂取してしまえば副作用のリスクがあります。
但し、サプリメントのイソフラボン含有量は1日分あたり30mg以下と定められているので摂取量を守って内服する分には問題ありません。

 


エクオールは倍の量飲めばその分早く効果が出るというものではありません。
副作用を避けるためにも必ず定められた摂取量を守って摂取しましょう。

 

妊娠中・授乳中・妊娠の可能性のある方

小児や妊娠中・授乳中・妊娠の可能性のある方は、これまでに副作用についての充分な試験データが無いため、食品衛生委員会からはエクオールなど大豆イソフラボンサプリ全般の服用は推奨されていません。

 


エクオールはホルモンバランスを整える効果が期待できる成分ですが、サプリメントは更年期女性向けに研究開発されているものが殆どですので、それ以外の年代の女性が摂取するのは控えた方が良いかもしれません。

 

医師、薬剤師に相談

下記いずれかに該当する方は、副作用を避けるためにかかりつけの医師や薬剤師の方とよく相談した上でエクオールを摂取するようにしましょう。

  • 乳がん、子宮がん、卵巣がん、子宮内膜症、子宮筋腫等婦人科系の疾患にかかっている方
  • また過去に上記いずれかの疾患の経験がある方
  • 現在、更年期障害の症状で通院中の方
  • 医薬品の処方・服用をされている方

 


医薬品に限らず、サプリメント同士の飲み合わせも、ある特定の成分の過剰摂取になってしまう場合があります。同じ成分が重複して配合されているサプリメント同士は避け、心配な点があれば薬剤師の方に相談してみましょう。

 

副作用について総合的見解

ここまでエクオールのリスクについてばかり挙げてきましたので、不安になってしまった方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、
エクオールは基本的には安全な成分で、きちんとサプリメントの用法用量を守って内服すれば副作用の心配は無く、女性にとってはとても嬉しい成分です。
だからこそ人気があり、多くの女性が取り入れているのでしょうね。

 

日本女性医学学会学術集会でのエクオール長期摂取による更年期症状などの改善効果について、次のような発表もされています。

エクオール含有食品長期摂取患者105名においてエクオール産生能、HRT(ホルモン補充療法)併用に関わらず更年期症状全般の高い改善率と心血管系への改善効果が示されました。
ホルモン補充療法の場合、子宮筋腫の増大や不正出血などの副作用もあるため注意が必要です。
その点、エクオール含有食品を摂取した患者105名においてはそのような例は認められず、その他の婦人科領域の疾患への影響もみられませんでした。
ホルモン補充療法が難しいケースや抵抗がある方への代替療法としても有用性があると思われます。

参考:AMC健康成分ラボ研究発表

 

私自身もエクオールサプリを飲み始めてもう2年近く経過しますが、飲み始めてからはそれ以前と比較するととても体調が良好で、大変助かっています。
但し、サプリメント選びには注意が必要です。

 

 

今まで様々なエクオールサプリを飲んでみましたが、それらを比較してみると、中には全く効果が感じられないもの、身体に合わなかったものもありました。
私の経験を元に、エクオールサプリを一覧にして比較表で紹介していますので、選ぶ際の参考にしてくださいね。

 

エクオール比較表へ

 

エクオールの効果

いま一度、
エクオールがもたらす効果について確認しておきましょう。
エクオールとは日本で開発され、ホルモンバランスの乱れからくる更年期障害などの症状に効果が期待できると注目を集めている成分です。
なぜ注目されているかというと「女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをする」というその性質です。

 

 

20代の頃と比較して年齢とともに徐々に女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことは多くの方がご存知のことと思いますが、エクオールがそれに代わって、補う形で女性ホルモンに似た働きをしてくれるのです。
では、実際にどういった効き目があるのでしょうか?

 

エクオールの効果としては主に下記の通りです。

  • シワの予防・改善
  • 美白・シミの改善
  • 更年期障害の予防と改善
  • 生活習慣病を含む成人病リスク低減
  • 骨密度の減少を抑制
  • 乳がんの予防
  • 脱毛の抑制

 

特に加齢とともに影響が出やすい女性の美容や健康に関わるものがほとんどで、女性にとっては嬉しい効果ばかりです。

 

エクオールと大豆イソフラボンの違い

以前までは更年期といえばイソフラボン、というのが言わば常識でした。
ところが近年の研究で「大豆イソフラボンの効果が得られない女性が多く存在する」ということが解ったのです。

 

 

イソフラボンは腸内で吸収されるときに、エクオール産生菌によってエクオールという成分が生成されて初めて女性ホルモン様の効果が発揮されます。

 

このエクオール産生菌という腸内細菌が活発に動いているかどうかで「イソフラボンの恩恵を受けられるかどうか」の明暗が分かれるわけですね。

 

ところが残念ながら、
日本人の二人に一人はエクオール産生菌を持っていないというデータが出ています。

 

イソフラボンサプリを摂取してもちっとも効果が感じられないという方は、エクオールをつくれない人…なのかもしれません。

 

 

そこで注目され始めたのがエクオール
腸内環境や体質に左右されずに効果が期待できるということで、多くの更年期女性が取り入れています。

 

エクオールの比較、選び方と注意点

近年、急激にラインナップが増えたエクオールサプリな訳ですが、ここで注意が必要です。
ひとことでエクオールサプリと言っても、エクオールの配合量も、他のサポート成分も、開発元も値段も様々です。
きちんと効果の期待できるエクオールサプリの見極めが重要です。

 

エクオールサプリを選ぶときには次の点に注意してよく比較検討しましょう。

 

エクオール<比較ポイント@>

成分(エクオール)含有量

何はさておき重要なのが、含まれているエクオールの量です。
1日あたりの服用目安が、例えば3錠などと決められていますから、その1日量のサプリメントの中に、エクオールが何mg配合されているのかを見ます。

 

 

これが一番大切な点なので、必ずチェックするようにしましょう。

 

エクオール<比較ポイントA>

更年期への効果の実態

もちろん、更年期症状への効果を期待して飲む訳ですから、効果のないサプリでは困りますよね…。
一番わかり易いのが、実際にそのサプリメントを飲んでみた方の口コミや体験記ですね。
口コミの全部が全部、手放しで信用できるものなのかは何とも言えませんが、一定の参考にはなります。
また、エクオールサプリの中では、実際に更年期への効果に対する臨床実験の結果を公表しているサプリメントもあります。
そういった商品なら期待値は高いと言えそうです。

 

エクオール<比較ポイントB>

価格(コスパ)

エクオールの場合、値段を比較する方法に気をつけないといけません。
エクオールサプリの場合は、ただ単純に1パッケージごとの価格で比較するのはNGです。
なぜかというと、1パッケージが何日分なのか、そしてエクオール何mg入っているのかがバラバラだからです。

 

 

ちなみにエクオールの1日あたりの推奨摂取量は10mgです。
なので、
「1日あたりの値段」または
エクオール10mgあたりの値段」
をチェックするのが正しい比較の方法です。
1日あたりで比較して安いと思えても、エクオールの含有量が少なければ実は割高なサプリ…ということになります。

 

エクオール<比較ポイントC>

+αの成分

ほとんどのエクオールサプリには、他の成分も一緒に配合されています。
それはエクオールの働きを助ける成分だったり、更年期の特定の症状に効果のある成分だったりと様々です。
その成分が自分に必要なものなのか、効果の期待できる成分なのかを比較検討しましょう。

 

エクオール<比較ポイントD>

安全性

製造元のメーカーの信頼性も重要なチェックポイントです。
併せてGMP認定エクオールサプリを選ぶようにしましょう。

 

 

GMP(Good Manufacturing Practice)とは、 原材料の受入から製品出荷までの全製造工程においてきめ細かく具体的に管理することです。
第三者機関が品質管理体制を客観的に審査・査察を行い、認められた工場のみが認定されます。
また、添加物を多く使用しているサプリメントも存在します。
ドラッグストアなどで店頭販売されているエクオールは、それだけ保存期間を長くとらなければいけない都合から、通販のみのサプリと比較する保存料などの添加物が多く使われている傾向があります。
毎日服用するものですから、なるべく添加物を使用していない、もしくは使用を最低限に抑えているエクオールサプリを選びましょう。

 

 

 

それでは実際に、上記を踏まえてエクオールサプリを比較できる一覧表をご紹介しますので、選ぶ際の参考にしてみてください。

エクオールサプリメント<比較表>

商品名

価格
/1ヶ月

エクオール
含有量

サブ
成分

GMP
認定

添加物


AMC・エクオール

4,800円 10mg ラクトビオン酸150mg


エクエル

3,800円 10mg 大豆イソフラボン(アグリコン)6.4mg ×


キレイデエクオール

4,612円 10mg

乳酸菌(EC-12)
リンゴポリフェノール


小林製薬・エクオール

2,250円 2mg ブラックコホシュエキス


ノムダス

4,686円

和漢植物
乳酸菌(EC-12)

 


Rakune(らくね)

1,980円 1mg ヒアルロン酸、プラセンタ、ザクロエキス ×


フルミーエクオール

4,980円 5mg ラクトビオン酸、ギャバ、テアニン

 

エクオールサプリ<比較表>の見方について

比較表の各項目の見方について、左の列から順に説明していきますね。

 

商品名

エクオールサプリの商品名とパッケージです。
商品画像または品名のところをクリックすると、そのエクオールサプリの詳細ページへとリンクします。
*一部詳細ページが準備中の商品もございます。

 

価格

エクオールの場合は1パッケージが1ヶ月分だったり28日分だったり、容量がまちまちです。
しかも初回だけダンピング(安く)していて2回目以降と落差の大きいエクオールサプリも少なくありません。
なので比較しやすいように、定期便の2回目以降の1ヶ月あたりの価格で表示しています。

 

エクオール含有量

1日分あたりのエクオール含有量を記載しています。(推奨量は10r)

 

サブ成分

エクオール以外のサポートとしてサプリメントに配合されている成分を記載しています。

 

GMP認定

○:GMP認定を受けている
ー:GMP認定を受けていない

 

添加物

エクオールサプリごとの添加物使用状況を表記しています。

○:無添加または添加物の使用がごくわずかに抑えられている
△:3〜5種類の添加物が使用されている
×:6種類以上の添加物が使用されている

 

備考

非公開及び、メーカーに確認した結果回答が得られなかった項目については「―(ハイフン)」で表示しています。
商品の価格やスペックについては予告なく変更される場合がありますので、必ず各商品の公式サイトで詳細をご確認ください。

エクオールの気になるあれこれ

ホルモン補充療法と比較するとまだまだ認知度の低いエクオール
副作用などもそうですが、気になることも色々と出てきますよね。
ここからはエクオールに関するよくある気になる点について解説していきます。

 

エクオールを作れる人の特徴

自分はエクオールを作れる人なのか違うのか、検査せずに簡単に見分ける方法はあるのでしょうか?
あくまで統計的なもので一概には言えませんが、エクオールを作れる人の特徴には次のような点が挙げられます。

 

栄養バランス

炭水化物の摂取、緑茶、魚油(オメガ3等)を良く摂る人にエクオールを作れる方の割合が高いようです。

 

子供の頃の食生活

エクオールを作れるかどうかは子供の頃に腸内細菌の種類が決まると言われています。

 

 

幼少期に意識的に大豆製品や野菜を摂取していたかどうかがエクオール産生菌の形成のためにも重要と言われています。

 

腸内環境

エクオールを作れる人というのは、整った腸内環境でエクオール産生菌を活発に働かせる必要があります。
適度な運動と、食物繊維乳酸菌を摂取していることが条件と言えそうです。

 

エクオールを作れない人の特徴

反対に、エクオールを作れない人の特徴として次のような点が挙げられます。

 

ストレス過多

精神的な要因から十二指腸潰瘍などの疾患になってしまうことからも解るように、過度なストレスは腸内環境を悪化させ、エクオール産生能を低下させてしまいます。

 

運動不足

エクオール産生菌を持っていたとしても、適度な運動をしないと腸内細菌を活発化できず、エクオールを作ることができません。

 

喫煙

タバコは腸内に悪玉菌を増やす原因になると言われていますので、エクオール産生菌を働かせるには妨げとなってしまいます。

 

エクオールの検査は無料?どうするの?ソイチェックとは

自分のエクオール産生能がどのぐらいなのか知りたい…
という方はエクオール検査をしてみましょう。
無料ではありませんが、楽天やAmazonで4,000円程度でエクオール検査キッドが購入できます。

 

 

検査の流れはおおまかに

  • エクオール検査キットが届く。
  • 検査前日に大豆製品を適量食べる。
  • 朝一番で尿を採取
  • 採取した尿を返信用封筒で返送
  • 10日程で検査結果が届く。

 


私の検査結果は残念ながら
エクオールを作れる人と作れない人の狭間の位置(ぎりぎりエクオール作れる人)でした。
エクオール産生能はあまり高くは無いということで、エクオールサプリのお世話になっています…。

 

エクオールと命の母、どう違うの?

更年期といえば命の母が知名度高く、真っ先に浮かぶのではないでしょうか?

 

 

命の母とエクオールの大きな違いは、まず主成分。
エクオールは名前そのもののエクオールが主成分ですが、
命の母は13種類の生薬とビタミン類、カルシウムなどが配合されています。
漢方の考え方に基づいて血行を促し体を温めることで、女性ホルモンと自律神経のアンバランスから起こるさまざまな身体の不調を改善します。
命の母は医薬品ですが、エクオールはサプリメントです。
当然医薬品は副作用のリスクを考える必要が出てきます。
小林製薬からは「ほてり、のぼせ、イライラ、眠気や疲労倦怠感、めまい、頭痛、不眠、動悸、肩こり、腰痛、乳房の張り、冷え症、むくみ、便秘」などの症状が命の母Aの副作用としてあらわれることがある、と公表されています。

 

命の母のメリットは
  • 医薬品である
  • ドラッグストアなどで購入できる
  • 1ヶ月あたり値段は2,300円程度

といった点が挙げられます。

 

命の母のデメリットは
  • 長期的に継続して効果を得る
  • 4錠を1日3回、計12錠を飲む必要
  • 添加物配合
  • 副作用の可能性

といった点が挙げられます。

 

エクオールで太る

一部の噂でエクオールで太るというようなことが言われています。
低用量ピルの処方を受ける際に、医師や薬剤師の方から、副作用として
「太ることがある」
という事を言われることから、このような懸念が出てきてしまったようですが、実際にはエクオールで太る心配はありません。

 

 

逆に、エクオールが不足している方はコレステロール値や中性脂肪の値が高い傾向があるとのことです。
エクオールの効果によってホルモンバランスが整い、血流と代謝が良くなれば逆に痩せやすいということも言えるかもしれません。

 

エクオールは子宮筋腫がある場合でも服用できるか

子宮筋腫には「粘膜下筋腫」「しょう膜下筋腫」「筋層内筋腫」と3種類がありますが、これらどの症状でもエクオールを飲んではいけないという理由は無いようです。
むしろ反対にエクオールには子宮筋腫を和らげる効果が期待できると言われています。
また、エクオールを摂取することで子宮筋腫になってしまうという心配もありません。
ただし、現在通院中の方、お薬を内服している方はかかりつけの医師に相談した上で、エクオールの内服を検討された方が良いでしょう。

 

エクオールで乳がんに?

以前、エクオールで乳がんリスクが上がるなどという噂がありましたが、結論から申しますと、エクオールの摂取が原因で乳がんになるということはありません。
ホルモン補充療法を長期継続していると乳がんになると言われていたことから単を発しているようですが、いずれの説も確実な根拠が無いことが近年わかっています。
実際に酷い更年期障害の方でホルモン補充療法を受けている方も大勢います。
ホルモンを直接補充するのでは無く、植物由来の成分であるエクオールはより安全であると言えそうです。

 

エクオールはバストアップにも効果的?

女性ホルモンの分泌により、美肌や美髪など美容面でも女性に嬉しい効果が期待できますが、乳腺が刺激されることでバストアップ効果も期待できます。
バストアップするには、乳腺を発達させる必要なんですが、この乳腺にある細胞を増やすのに必要なのが女性ホルモンのエストロゲンです。
エクオールを摂取することにより、年齢とともに減少しがちな女性ホルモンの働きを補ってくれるのでバストアップの効果も期待できる訳です。

 

エクオールは薄毛対策にも効果的?

女性ホルモンは髪にも影響します。
そのことから、エクオールの女性ホルモン様作用を考えると、薄毛改善も期待される働きの1つと言えそうです。
ただし、いまのところ毛髪に対するエクオールの臨床実験のデータ等が出ているわけではありませんので薄毛に関しての効果を断言することは出来ません。

 

エクオールは男性にも効果的?

エクオールには男性ホルモンに作用する効果も期待できるため、このようなことが言われています。
比較的多くの男性が悩まれている薄毛には、男性ホルモンである「アンドロゲン」が過剰に分泌されていることが大きく影響しています。
エクオールにはこの分泌を抑える「抗アンドロゲン作用」があるため、薄毛の改善や発毛の効果が期待できると言われています。

 

エクオールはドラッグストアで買える?

大塚製薬のエクエルや、小林製薬のエクオールは一部薬局やドラッグストアでも市販されています。

 

 

但し、保存料など添加物を避けたい場合には通販のみ行っているエクオールサプリをおすすめします。

 

エクオールは楽天で買える?

いくつかの種類のエクオールサプリが楽天でも販売されています。
但し、いずれも公式通販サイトに比べ割高であったり、返品対応が無かったりという違いがありますので、楽天で購入する際には事前に確認しましょう。

 

エクオールサプリ比較表を確認

 

おすすめエクオールサプリ比較ランキングを確認

掲載情報について 当サイトでは正しい商品情報をご提供するようつとめておりますが、製造及び販売メーカーが告知なしに成分を変更することがございます。 したがって実際お届けの商品とサイト上の表記が異なる場合がありますので、ご使用前には必ずお届けの商品ラベルや注意書きをご確認ください。 商品画像はイメージです。実際にお届けする商品とパッケージ等が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。いずれも商品の公式サイトの情報をよくご確認の上、ご購入頂けますようお願い申し上げます。
サプリメントに関する注意事項 ランキング順位は商品の効果・効能に基づいたものではございません。 ご不明な点はご購入の前に必ず販売店・製造メーカーにご相談ください。 ご使用前には「使用上の注意」をよく読み、用法・用量を守って正しくお使いください。 疾病治療中の方、及び妊娠・授乳中の方はお医者様とご相談の上お召し上がりください。 原材料をご確認の上、アレルギーの方はお召し上がりにならないでください。
更新履歴